eワラントについて

北京2008バスケットeワラント

2001年、ゴールドマン・サックス社が提唱したことで、世界経済におけるキーワードの1つとなった「BRICs諸国」。 その中でも、中国は高度経済成長を背景として少しずつ存在感を高めて来ました2008年8月には北京オリンピックも控えて・・・

eワラントの投資タイミング

eワラントは、時間が経つにつれて価値が下がる、という特徴を持っています。 つまり、株価や為替などといった対象原資が全然動かなければ、eワラント自体の価値は日が経つにつれて下落してしまいます。 これはプット型であろうとコール型であろ・・・

eワラントのスプレッド

eワラントには、販売価格 (購入する金額) と 買取価格 (売却する金額) との間に一定の差があります。 この差のことを「スプレッド」と呼んでいます。 すなわち、購入した時点においてはスプレッドの分だけ損失が出るということになりま・・・

ニアピン為替eワラントとは

ニアピン為替eワラントは少し特殊なeワラントになります。 簡単に言うと、この先為替相場がいくらになるのかを予想して収益を得る、という商品です。 さらに具体的にお話すると、為替レートが決められた「ピン価格」と一致した際にもっとも高い・・・

eワラントのイン・ザ・マネーとアウト・オブ・ザ・マネーとは

対象が高くなると値上がりするeワラントの「コール型」においては対象になる原資産(株式や平均株価指数、通貨のこと)の価格が権利行使価格を上まわっている状態を、対象が安くなると値上がりする「プット型」においては原資産価格が権利行使価格・・・

eワラントのテクニカル指標について

株式投資をする際、テクニカル指標を使っているという方も多いと思います。 そして、このテクニカル指標は、株価と連動するeワラントにもとても有効と言えます。 指標の種類は様々ですので、ご自身の投資スタイルに合わせて幾つか組み合わせて使・・・

eワラント投資における回号の選び方

eワラントに投資するにあたり、どの回号を選ぶか悩んでしまうことがあるかもしれません。 回号の選択基準として注目すべき点としては、権利行使価格や満期日、実効ギアリング、実効スプレッド、時間的価値などが挙げられると思います。 その中で・・・

eワラントの価格決定の仕組み

通常、カバードワラントには、配当が存在しません。 少なくとも、eワラントにおいては配当がありません。 つまり、eワラントには、対象原資産に対し支払われる配当金を受け取る資格がないということです。 言い換えるならば、世界中の多くのカ・・・

為替eワラントとデルタ・ギアリング

eワラントの取引において、「デルタ」は原資産(為替eワラントの場合は為替レート)の価格変動と、(為替)eワラントの価格変動との比率を指します。 計算式は、デルタ=(為替eワラントの価格変動)/(為替レートの変動×原資産数)となりま・・・

コモディティeワラントの特徴

最近は、コモディティが投資対象として大きな注目を集めつつあります。 一般的に、コモディティというのは株や債券などとの相関が低いと言われていて、株や債券との組み合わせが分散投資の効果を高めてくれると考えられています。 さらに、インフ・・・

eワラントで投資が出来る銘柄

eワラントでは株式以外にも、日経平均のような指標や為替、外国証券などの取り扱いがあります。具体的には下記の通りです。 ①個別株式→個々の株式を対象としているeワラント ②株価指数→日経平均、TOPIX、海外株式の指標(アメリカ・・・

日本株式との比較から見るeワラントの特徴

eワラントと日本株式を比較することで、よりeワラントの特徴を理解することが可能になります。具体的に見てみましょう。 まず、リターンについてお話します。 例えば、トヨタ自動車の株価で値動きを見てみることにします。 トヨタ自動車の株を・・・

eワラントとは

最近、eワラントへの投資が、少しずつ注目されています。 具体的にどのようなものかというと、株価や株価指数、為替相場など、あるいはこういったものに連動しながら値動きするように設計されている債券にたいするオプションについて証券化をした・・・

eワラントのポジションについて

eワラントのポジションには大きく分けて2つあり、満期日において決められた金額で対象である原資産を買うことが出来る「コール型」と、満期日において決められた金額で対象である原資産を売ることが出来る「プット型」に分類出来ます。 具体的に・・・

カバードワラントとeワラント

eワラントは、カバードワラントのひとつである、ということをご存じでしたか? まず、カバードワラントはどういうものなのか、簡単にお話すると、「特定日(約定日)の前日まで自由に売却したり購入したりできる権利」と表現することが出来ます。・・・

eワラントの事前分析を忘れずに

どんなeワラントに投資するとしても、一番忘れてはならないのは、投資前の最低限の分析です。具体的には、どういった条件の下で投資を行うことが出来るかを事前に把握するという作業が大切になります。 そもそもeワラントというのは金融派生・・・

トラッカーeワラントとは

トラッカーeワラントとは、国であれば国の株式市場に、原油であれば原油市場に投資をする金融派生商品のことです。ゴールドマンサックス証券が扱っているeワラントのひとつになります。 具体的にお話すると、たとえばA社の株を5000円で買う・・・